スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
危険と隣合わせ
2008/03/07(Fri)
数日前のニュースで

「スノーボードのキッカーから着地の失敗で 頭部強打で意識不明の末、死亡」

という 記事がありました。





自分(ら) も スノボーをやり この記事のような事がいつ起こってもおかしくない状況であるため

ものすごく 怖いニュースだと思いました(´-`☆)







スノボー歴8年で 斜度20度 の 1.5mの ジャンプ台。




こんな感じで記事が載ってましたが、




まず、スノボー歴8年ってのは 相当やりこんでると思ってもらっていいと思う(´-`☆)

そこそこ自信がある人だったのでしょう。




斜度20度っていうのは、初心者だったら 急な坂に感じるくらいかな。

よくゲレンデマップで "初級者" "中級者" ってありますが、初級と中級の間くらい(´-`☆)





1.5mのジャンプ台は、落差が 1,5mっていう意味で 何もしないでも

小柄な女の子の 頭の上から飛び降りるくらいの衝撃がある ジャンプ台(´-`☆)

かなり スノボーに自信がないと あぶない ジャンプ台だね(´-`☆)







この記事の総合が ちょうど 自分(ら)に 当てはまってて ホントこういう事故が

自分(ら)に いつ起こっても おかしくないなぁって 気が引き締まりました(´-`☆)






備えあれば患(うれい)なし!

ヘルメットやプロテクター つけよう!!ヽ(`Д´☆)ノ


スポンサーサイト
この記事のURL | 健康ニュース | CM(4) | TB(0) | ▲ top
冷凍ギョーザ
2008/02/04(Mon)
最近のニュースといえば "中国産 冷凍ギョーザ(中華)" ですね(´Д`☆;)

今回のことだけではなく "中国産" という イメージが だいぶ悪いですね(´Д`☆;)

"勢い"で言えば 日本より はるかに活気ついて アジアでも トップクラスの途上をあげているだけに

もっと しっかりと こういう安全管理というのも レベルアップしていってほしいものですね(´-`☆)





自分らの世代は 戦後からだいぶ立ち 経済も豊かになった 日本で育ちましたが

親の世代は 今の中国くらいの危機管理だったと ニュースを見ながら 親は ぼやいてます(´Д`☆;)

つまり これから アジアの中心は 中国になるのかもしれませんね(´-`☆)






今回のニュースを 大雑把に説明すると





民1:「冷凍ギョーザ食ったら 気持ち悪くなったやんけ!ヽ(`Д´民)ノ」

店:「もうしわけございません。一刻も早く 原因究明しますので。ご勘弁を m(_ 店 _)m」



ニュース:「冷凍ギョーザ食った人が中毒起こしました。ご注意を。」

民2:「それ うちにもあるやん!なんてこったい!(ノД`民;)」

ニュース:「被害を受けた人が続出!さらなる警戒を!」





企業:「大変申し訳ございません。回収にご協力をm(_ 企 _)m」





政府:「む。これは中国産ではないか!徹底調査を!」

政府:「有機リン系薬物"ミドメタホス"が摘出されたぞ!どういうことだ!」



ここで 農薬の疑いで 中国政府に 問い詰めたところ 結果は「ありえん!(`Д´中)」

との見解で 研究したところ

ギョーザの具が すべて野菜と仮定して 30gくらいの具から摘出されるミドメタホス量ではなたったそうです。

もし 仮に 農薬が残っていて それを 食べたとしても そこまで 被害が出るか?との結果に至り




政府:「じゃぁ どこで 混入された?」

と 足取りをつかむべく 調査したところ

現時点では 製造後~日本の港に入る前 に 混入された疑いがあるとのことです(´Д`☆;)






まぁ 食の安全は 大事だと思うのですが

結局 "安全というのは 他人に任すことではなく 自分が 行うこと" なんだと思います。




確かに お金を払ってるのだから 責任は ないのかもしれません。

ただ、責任はないかもしれませんが、 それで 死んでしまったら 元も子もないと思うんです。

あやしいな? と思ったら 食さず 捨てることだってできるのだし。

安全をゆだねて 結果 不注意になるのならば 安全とは言えないわけだし。





他人事ではなく もっと危機管理(食のことだけではなく)をするべきだと思いました(ノ∀`☆)

この記事のURL | 健康ニュース | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。