スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
コアリズムダイエット
2007/07/20(Fri)
ビリーズブートキャンプの次は!!!

夕方のニュース番組でもおオススメしてました。



今度はセクシーに腰フリ~★~

あなたの体の「セクシー」がラテンのリズムで目をさます~(* '艸'*)

7日間チャレンジで5000円キャッシュバック!

痩せたいなら腰を振れ!さあ7日間私たちと踊り続けるのよ!
ショップジャパン







4900円(税込)3回払いもできます。

7月未入荷予定、予約受付中~。

早く買わないと夏が来ちゃうよ(´Д`☆;)

スポンサーサイト
この記事のURL | ダイエット | CM(0) | TB(0) | ▲ top
日焼け
2007/07/12(Thu)
まだまだ 梅雨なのですが これが明けたら いよいよ夏ですね(´-`☆)

夏といえば"海"!

そう 夏のビーチには 水着ギャルが・・・(* '艸'*)

おっと。

夏のビーチで 青春を謳歌するのです!

日々のストレスを発散するのです!!






っと するのが 一般的ですかね?(´-`☆)?

ところが 自分は 肌が白いため 日焼けが 苦手(´Д`☆)

子供の頃から 日焼け後は 水ぶくれになって 火傷状態(p_q)

なので もっぱら ビーチでギャル観察 パラソルの下で見張り(´Д`☆)






---紫外線---

紫外線の有用な作用として殺菌消毒、ビタミンDの合成、

生体に対しての血行や新陳代謝の促進、あるいは皮膚抵抗力の昂進(こうしん)などがある。



その反面、人間が、太陽の紫外線に長時間さらされると、皮膚、目、免疫系へ

急性もしくは慢性の疾患を引き起こす可能性がある。





つまりは 自分は"慢性の疾患" を引きおこしてたのですね(´Д`☆;)






UVA,UVB,UVCは皮膚を形成するコラーゲンの繊維にダメージを与え、皮膚の加齢を加速する。

一般に、UVAは危険性が一番小さいが、皮膚の加齢、DNAへのダメージ、
皮膚がんの可能性等に影響を及ぼす。

UVBは、皮膚がんを引き起こす。







まぁ 色々難しいこと書きましたが 過剰な日光浴はよくないってことです(´-`☆)

紫外線は ビタミンDを形成する力もあるので 1日15秒くらいでもいいので

太陽の光を浴びることにより 体調管理がしやすくなるんだって(´-`☆)


紫外線対策グッツ~





この記事のURL | 健康知識 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ガン
2007/07/10(Tue)
"癌"って やっぱ 怖い病気ですよね(p_q)

でも 実際なとこ どういう病気なのか 知ってますか?

自分、知らないっす(´-`☆;)





"癌"は 遺伝子(DNA)の突然変異によって発生する。



遺伝子ってのは 簡単に言うと プログラムで
"この細胞は こういうプログラムで こういう風にできている"
というものが 設定されていて 秩序が守られ 細胞が作られているのです。

つまり 必然的に死滅する細胞もあり その代わりに新しく細胞が作られる。

これが 細胞分裂で 実は その回数もプログラムとして組み込まれているのです。




よく考えてみると分かるのですが

人が 歳を重ねるごとに シミやシワが多くなってくるのは

この細胞分裂の残り回数券が少なくなってきて

頻繁に新しいものとは交換できなくなってきてる状態なのです。





これらの プログラムされた遺伝子が 何かの拍子で おかしくなってしまうと

"癌"が発生してしますのです。

この "何かの拍子" ってのが色々とあって

例えば 過剰な日焼けや 喫煙だったり あるいはカビだったりと

まだ詳しく解明されていないこともたくさんあります。



特に重要とされているのが "P53遺伝子" で これが何かの拍子で やられると

"癌"になるとされています。



そして 厄介なのが 先ほど説明した "細胞分裂回数券" ってのを無視し

エンドレスで増殖し続ける点。

"細胞分裂回数券"を行使して 正常な細胞を作ろうと頑張っても限度があるわけで

暴走し続ける 癌細胞には 到底かなわないのです。

だから "癌"は 早期発見 早期治療が 推奨されているのです。






つまり "癌"は 遺伝子の1つでもあるわけで

人であるならば 誰しもが持っているものであるわけです。





となると "癌"に対する予防は 定期的な健康診断と規則正しい生活でしょうか?





現在、癌にお悩みの方 この漢方はどうでしょうか?

中国政府に認可され、アメリカではFDA(米国食品医薬品局)において漢方サプリメントとして承認を受けてます。





気になる方は覗いてみてはいかがでしょうか?
この記事のURL | 健康知識 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
メタボリックシンドローム
2007/07/04(Wed)
メタボリックシンドローム(英 metabolic syndrome、代謝症候群とも)とは、

内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)に高血糖・高血圧・高脂血症のうち2つ以上を合併した状態。

WHO、アメリカ合衆国、日本では診断基準が異なるため注意を要する。

以前よりシンドロームX、死の四重奏、インスリン抵抗性症候群、マルチプルリスクファクター症候群、

内臓脂肪症候群などと呼称されてきた病態を統合整理した概念である。




んー。簡単に言うと 単体でもかなりのリスクを伴うものなのですが

合併することにより さらにハイリスクになるっていうこと(´Д`☆;)




主な症状としては "動脈硬化" がみられている(´Д`☆)

そして重要なのは

"日本人の中年男性の半分近くが「症候群」またはその予備群に該当する"

のです(´Д`☆;)

もしかすると コレをみているあなたもその一人かもしれません。
(そして自分も(´Д`☆;))






そんな感じのメタボリックシンドロームも ここなら解消できます!!





ちょっと不安なあなた!のぞいてみては!?

この記事のURL | 健康知識 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。